楽しそうな女



2023.08.10
雨宮睦美


あと数時間でアコガレニスト6期生としての任期が終わります。

半年間あっという間に過ぎました。

 

私は夫も子供も持たない人生で、起業というと聞こえはいいけど、勤め人生活からも早々と足を洗い、よくも悪くも「自分中心」で生きてきたわけです。

 

でもだんだん年齢を重ねてきて、これでいいんだろうか、私は何かの役に立ってるんだろうか、という気持ちがモワモワと出てくるようになりました。若い人たちのために、何かできることがあるんじゃないかなー、なんて思ったことが、アコガレニストに応募した理由です。

 

さて。では半年を振り返ってどうだったか。

 

私は自分が書きたいことを書きたいようにブログに書いてきただけで、ラジオに出演する機会もいただきましたが、やっぱり好きなようにしゃべって帰ってきただけでした。だから、「あー面白かった」とは思うけど、誰かのためになった実感はありません。あらら。

 

でも。最後だから勝手ついでに書いちゃうと、それでいいのだ!という気がします(強引)。

 

いい年した名もなきおばさん、いや、お姉さんと言っておこう、が、眉間にしわ寄せて「生きるって大変」とか「いくつもの困難を乗り越えて」とか語ったとして、それがありがたいか、と言えば、微妙な気もするし。

 

ちょっと見方を変えれば、悲劇にも笑えるところがあったり、何も起きないと片づけてしまう日常に、ワクワクできるネタが転がっていたりする。だったら、そういう発見を共有して、数秒でも笑ってもらえたら、いいじゃないか!という結論です。

 

結局「自分中心」だったということです。

 

自分の意志や感性を大切に、その時そうだと思ったことをやっていけばいい。

違ってたらちょっと反省して忘れて、切り替えればいい。他人の評価とか世間の目を気にしすぎる必要はない。

 

もしも若いどなたかが悩んでいるのだとしたら、私はそういうエールを送ればいいんだな、っと思うようにもなりました。

 

偉いですね、とかすごいですね、と言われるより、「なんか楽しそうですよね」って言われるほうが私はうれしいし。

 

ちょっとなんか形を変えて、どこかでまた駄文を書き続けてみようかな。

読んでくださった皆さん、ありがとうございました。お元気で!

 

https://www.facebook.com/mutsumi.amemiya

 


雨宮睦美

マーケティングプランナー、モデレーター(インタビュアー)。 東京都出身。 1988年青山学院大学文学部卒業後、博報堂に入社しました。 国際業務局(4年間)、マーケティング局(8年間)の勤務を経て2000年に退職。 2001年に有限会社オルテンシアを設立し、前職の流れでマーケティング業務を請け負ってきました。食品、飲料、化粧品、自動車、通信機器等、様々なジャンルの企業のお仕事に携わっています。中でもインタビュー調査を得意とし、企業トップや大学教授、ジャーナリストや編集者等の有識者取材を始め、一般消費者へのグループインタビューやデプスインタビューなどで、これまでに話を聞いた人の数は、のべ数千人を超えます。


- Related Posts -


左前問題

2023.04.24
雨宮睦美

ニャンたん降臨

2023.06.30
雨宮睦美

一握の砂

2023.05.26
雨宮睦美

- New Posts -