PROFILE INTERVIEW

アコガレニスト 102
長田 広美 Hiromi Osada
Stylist

【PROFILE】

コレクションやファッションショーを中心としたスタイリストとして活躍。
独立後30年間で関わったブランドはDior、CHANEL、VALENTINO、BVLGARI、Cartier、Van Cleef & Arpalsなど多数。
またアメリカに本部がある国際イメージコンサルタントの資格も持ち、エグゼクティブ個人のイメージサポートも行っている。
ほかにもファッションブランドのイメージビジュアル作成やルックブック撮影、広告ビジュアルのスタイリングなども行う。
そんな彼女が近頃注目しているのは「サスティナブルなファッション」というテーマ。
地球環境や人権に配慮した、新たなプロジェクトを始動中。

https://estylec.com
https://facebook.com/hiromi.osada.33
hiromi_osada
HiromiOsada1

あなたが今の仕事を始めたきっかけは?

―スタイリストの仕事以外したことがありません。ファッションが大好きなんです-

私の母は「女性でも手に職を付けた方がいい」という考え方の人でした。

私がもともとファッション好きだったこともあり、高校卒業後はファッションの専門学校に進みました。
その学校でスタイリストの仕事を詳しく知り、素敵な仕事だなと思ったのがルーツです。

専門学校卒業後は、推薦で広告制作会社に就職。しかしその会社が2年半で倒産してしまうんですね。

それで当時の上司の紹介で個人でやっているスタイリストのアシスタントにつくことになりました。そこで4年間さまざまな経験を積み、その後独立。
パリやニューヨークで行われるショーのために海外に行くことも多いです。
2019年で独立30周年を迎えましたが、その間ずっとスタイリストの仕事しかしたことがありません、この道一筋です。

時間の使い方を教えてください

―大事なのは、自分軸。「緊急ではないけどやりたいこと」が心の美容液に―

私には「オフィスに通勤する」という習慣がそもそもないため、オンとオフというような時間の感覚がありません。

毎日の仕事は自分にとっては「楽しいことをしにいく」ものなので、仕事の時も遊びの時も同じように心を躍らせ、出かけることができるのです。

あと時間関連で気を付けているのは「緊急ではないけれど自分がやりたいこと」をする時間を、毎日必ず入れるようにすること。
これは「緊急でやらなければいけないこと」というのは、誰かが決めたことであり、しかも必ず押し寄せてきます。
でも「緊急ではないけれど自分がやりたいこと」は自分の気持ちが優先されているので、自分軸。
そう、少しでも自分軸のものがあれば、心に余裕が生まれます。

「緊急でやらなければいけないこと」つまり「人が決めたこと」に忙殺されず自分を保つ…それが心の健康を保つコツですね。

時間の使い方を教えてください

―大事なのは、自分軸。「緊急ではないけどやりたいこと」が心の美容液に―

私には「オフィスに通勤する」という習慣がそもそもないため、オンとオフというような時間の感覚がありません。

毎日の仕事は自分にとっては「楽しいことをしにいく」ものなので、仕事の時も遊びの時も同じように心を躍らせ、出かけることができるのです。

あと時間関連で気を付けているのは「緊急ではないけれど自分がやりたいこと」をする時間を、毎日必ず入れるようにすること。
これは「緊急でやらなければいけないこと」というのは、誰かが決めたことであり、しかも必ず押し寄せてきます。
でも「緊急ではないけれど自分がやりたいこと」は自分の気持ちが優先されているので、自分軸。
そう、少しでも自分軸のものがあれば、心に余裕が生まれます。

「緊急でやらなければいけないこと」つまり「人が決めたこと」に忙殺されず自分を保つ…それが心の健康を保つコツですね。


一番大切にしていること・ものを教えてください

―朝のルーティーンは細かめに。ストレッチや瞑想で自分を整え、パワーをチャージ―

私は、朝のルーティーンをとても大切にしています。

まず朝起きて顔を洗ったらスキンケア。
500mlの水を飲み、神棚のお水を変えて拝みます。それからストレッチを行い、瞑想をする。
瞑想といってもヨガの先生のように「全てを無にする」というものではなく、なにかしら考えていますね。そこで湧いてくるイメージに良いものがあれば、メモをとったりもします。

それから庭の野菜や屋内の観葉植物の手入れをします。

部屋の掃除をして、それからご飯を食べる…

これを毎日行い、午前中いっぱいゆっくり過ごすことで、自分をしっかり整えます。
仕事は基本的に午後に入れるようにしています。たまに午前中に仕事が入ってしまうこともありますが、そういうときは瞑想まではやってから外出、とか短縮バージョンで取り組んでいます。

あなたのアコガレニストを教えてください

―自立して働く女性が目標。サスティナブルなファッションにも注目-

私が憧れるのは、自立して働く女性です。

自分の言いたいことをはっきり言うような人に共感を覚えます。
たぶん自分もそういうタイプだからではないかと。

例えば阿木燿子さんや安井かずみさんなどのライフスタイルに惹かれます。

他にも瀬戸内寂聴さんや島田陽子さん、上野千鶴子さんなども一貫性がカッコよくて好きです。

私自身は、ラグジュアリーなブランドの数々をスタイリングしてきたという自負がありますが、これからの時代はどちらかというとエコの視点を大切にしたい。

サスティナブルなファッション、これを世に啓蒙することで広く社会貢献できればと思っています。
具体的にはYouTubeでの動画配信などに取り組んでいるので、ぜひお楽しみに。

あなたのアコガレニストを教えてください

―自立して働く女性が目標。サスティナブルなファッションにも注目-

私が憧れるのは、自立して働く女性です。

自分の言いたいことをはっきり言うような人に共感を覚えます。
たぶん自分もそういうタイプだからではないかと。

例えば阿木燿子さんや安井かずみさんなどのライフスタイルに惹かれます。

他にも瀬戸内寂聴さんや島田陽子さん、上野千鶴子さんなども一貫性がカッコよくて好きです。

私自身は、ラグジュアリーなブランドの数々をスタイリングしてきたという自負がありますが、これからの時代はどちらかというとエコの視点を大切にしたい。

サスティナブルなファッション、これを世に啓蒙することで広く社会貢献できればと思っています。
具体的にはYouTubeでの動画配信などに取り組んでいるので、ぜひお楽しみに。


Writer's Comment -インタビューを終えて -

名だたる海外ブランドのランウェイに関わってきた華やかな実績がありながら、常に学びを止めず新たなことに挑戦し続けている長田さん。
環境問題など世界全体が抱える大きな課題に対して、ご自身がキャリアを築き上げてきたファッションの分野からアプローチしていきます。未来を動かす次の一歩に期待が高まります!



- アコガレニスト第1期 - INTERVIEW

error: Content is protected !!