PROFILE INTERVIEW

アコガレニスト 004
こいけ さとみ Satomi Koike
Photographer & Photo Instructor

【PROFILE】

幼稚園教諭を3年間経験するものの「もっと広い世界を見たい」と一念発起し広告代理店に転職。その後結婚し、ご主人の転勤で7回の引っ越しを経験。転勤の先々でケーキ店やイタリアンレストランでアルバイトをした影響もあってか、この頃から食べ物や子供の写真をブログにアップするようになる。そしてさまざまなご縁を通じて人から写真撮影を依頼されるようになり、カメラマンとしてのキャリアをスタート。

撮影はこなすものの基本的には独学だったため「一度きちんと学んだ方がいい」と決意し、フラワーデザイナー兼フォトグラファーの今道しげみ氏に師事。教室のお手伝いをすることも増え、LIVINGPHOTOの公認インストラクター資格を取得。現在は自身でも写真教室「おうちde CAMERA」を主宰する傍ら、カメラマンとしても活躍。東京都在住、中学生と高校生女子の母。

https://www.ouchidecamera.com/
https://www.facebook.com/ouchidecamera
satosato_k

あなたが今の仕事を始めたきっかけは?

-そんなつもりは、なかったんです。好きなものを追いかけていただけ-

私の場合、最初から「フォトグラファーになりたい」と強く思っていたわけではなく「カントリー」をキーワードに好きなものや憧れの人をブログで追っているうちにご本人と親しくなる機会を得て、まさかの写真撮影を依頼されたのが大きなきっかけでした。

特に雑誌「私のカントリー」で有名な毛塚千代さんや、自由が丘のカントリーアンティークショップ「デポー39」の天沼寿子(ひさこ)さんの大ファンで、最初はコメント欄にたまに書き込みをするただのファン。しかし実際にお会いしたり、その時一緒に撮った写真を気に入ってくださったりしたことから撮影を依頼されるようになりました。さらにその写真を見た別の方に撮影を依頼されるなど人とのつながりで次第にフォトグラファーになっていったという感じです。でも「ご依頼いただくからには…」と独学も相当頑張りました。

時間の使い方を教えてください

-庭仕事をすると落ち着きます。特技はインテリアなどのDIY-

写真教室「おうちde CAMERA」は事前に開催日が決まっているので、それ以外の日にロケーション撮影や店舗撮影などをお引き受けしています。自宅でPC作業をすることも多いのですが、長時間のデスクワークに疲れたときは、自分のためにおいしい紅茶を淹れたり、庭仕事をしたりしています。小さな庭には小屋や木もあり、お花や野菜を育てています。お花の写真を撮るのが好きなのですが、ただ今、バラのお世話を勉強中!バラを眺めながら、庭でお茶を飲むのが憧れですね。

また引っ越しが多く、そのたびにインテリアを変えるのが好きだったことからDYIにハマり、自宅が雑誌で紹介されたり、お昼の情報番組で「DYIの達人」として登場したことも。収録時にジャニーズのタレントさんが自宅に来たというのは、今でも娘と私のプチ自慢です。

時間の使い方を教えてください

-庭仕事をすると落ち着きます。特技はインテリアなどのDIY-

写真教室「おうちde CAMERA」は事前に開催日が決まっているので、それ以外の日にロケーション撮影や店舗撮影などをお引き受けしています。自宅でPC作業をすることも多いのですが、長時間のデスクワークに疲れたときは、自分のためにおいしい紅茶を淹れたり、庭仕事をしたりしています。小さな庭には小屋や木もあり、お花や野菜を育てています。お花の写真を撮るのが好きなのですが、ただ今、バラのお世話を勉強中!バラを眺めながら、庭でお茶を飲むのが憧れですね。

また引っ越しが多く、そのたびにインテリアを変えるのが好きだったことからDYIにハマり、自宅が雑誌で紹介されたり、お昼の情報番組で「DYIの達人」として登場したことも。収録時にジャニーズのタレントさんが自宅に来たというのは、今でも娘と私のプチ自慢です。


一番大切にしていること・ものを教えてください

-チャレンジ精神と人とのご縁を大切に。記憶に残る写真を撮りたい-

私が大切にしているのは、チャレンジ精神と人とのご縁を大切にすることです。ただの記録としてではなく、記憶に残る写真を残したいですね。

生徒さんの中には最初は身近なスマホカメラのレッスンに参加されるものの、すっかり写真を撮ることにハマり、一眼レフを購入されるという方も多数。レッスン後の帰り道、生徒さんに「ものを見る目が変わった」などと言われるのはとても嬉しい瞬間です。

「なんてことのない日常」もカメラを通して見るだけで、肉眼で見るのとはまた違った景色に見えたりします。カメラって、おもしろいですよね。

あなたのアコガレニストを教えてください

-写真の道へと導いてくださった3人が、私のアコガレニストです!-

教室に来てくださる方が「可愛い」と感じ、「撮るだけでワクワクする」そんな気持ちになれる被写体や場の空気、写真の技術をお伝えしたいです。
かつて私が大好きだった、毎日の暮らしを楽しくする毛塚千代さんののように。
また心躍るカントリーアンティークの世界を教えてくれた「デポ―39」の天沼寿子さんのように。
そして、LIVINGPHOTOで写真を撮る楽しみをより進化させてくれた今道しげみさんのように。
語りつくせないことがまだまだたくさんありますので、これから少しずつ、ブログでも綴っていきます!

 

あなたのアコガレニストを教えてください

-写真の道へと導いてくださった3人が、私のアコガレニストです!-

教室に来てくださる方が「可愛い」と感じ、「撮るだけでワクワクする」そんな気持ちになれる被写体や場の空気、写真の技術をお伝えしたいです。
かつて私が大好きだった、毎日の暮らしを楽しくする毛塚千代さんののように。
また心躍るカントリーアンティークの世界を教えてくれた「デポ―39」の天沼寿子さんのように。
そして、LIVINGPHOTOで写真を撮る楽しみをより進化させてくれた今道しげみさんのように。
語りつくせないことがまだまだたくさんありますので、これから少しずつ、ブログでも綴っていきます!

 


Writer's Comment -インタビューを終えて -

柔和なご本人の雰囲気とはうらはらに、柔らかい中にも1本、キリっとしたテーマが感じられるさとみさんのお写真。「最初からフォトグラファーになりたいと思っていたわけではない」とおっしゃいますが、写真の方がさとみさんを必要として多くの人を引き寄せ、今にいたるのではと思うくらい。いつかお教室に通ってみたい!



- アコガレニスト第1期 - INTERVIEW

error: Content is protected !!