いとしの柴犬



2023.04.24
雨宮睦美


私は猫が好きです。だけど、「犬派か、猫派か」という質問は愚問だと思うのです。犬も好きです。

もともと子供の頃はどちらとも縁がなく、特に犬に対しては恐怖心を抱いていました。ある時公園の滑り台から降りてきたところ、下で待ち構えていた見知らぬ小型犬に足首をガブッと噛まれたからです。多分傷自体は大したことなくて、精神的なショックのほうが大きかった気がします。この日はしょんぼり帰宅して、社宅の外階段で転んでおでこをぶつける、というおまけもついたので、それこそ長年にわたるトラウマになりました。

ところが、高校生の頃だったか、3つ年下の弟が「どーしても犬が欲しい」と言い出して聞かなくなり、犬が怖い私を差し置いてどんどん話が進み、とうとうある日中野ブロードウェイのペットショップで、母と弟が犬を買ってきてしまったのです。なんで中野?っていうのはいまだに謎(自宅からは電車を乗り継がないと出られないエリアなのに)。ショップで動物を購入するというのも、どうかと思うのですが、とにかくある日突然、我が家には柴の雄犬が加わりました。

名前はコロ。

「僕が毎日散歩に行きます!」と懇願していた弟は、しばらくはコロに夢中でしたが、高校生になり、大学生になると、友達と遊ぶほうが面白くなって、だんだん散歩もさぼりがちになっていきます。すると父がいそいそと代わりを申し出て、飲みの誘いも振り切って「犬の散歩なんで」と毎晩早く帰ってくるようになりました(毎晩9時がコロの散歩タイム)。

弟も父も都合がつかないときは、私も渋々散歩要員をつとめましたが、不思議なもので「犬怖いから、嫌いだから」と敬遠してもしても、きゅーきゅー鳴いて甘えてくるコロちゃんに、そのうちすっかり懐柔されて、私も犬好きに変身。

やがて、「好きな男性のタイプ」を聞かれると、「柴犬みたいな人」と答えるまでになりました。顔も性格も。私としては決してふざけたつもりではなく大真面目なんですが、なかなか理解を得ることは難しかったです。

「この人柴っぽくない?」「こいつ柴犬だろ」と、いろんな方に紹介いただいても、「ごめんなさい、違う」ということの繰り返しで、もうこれは、その男性(人間)と柴犬どちらにも失礼だった、と反省しています。

柴犬.netというサイトによれば、柴犬は日本犬の中で唯一の小型犬なのだそうです。特徴として

・犬らしいキリっとした顔立ち
・頭がよく、飼い主に忠実。自立心が強く、程よい距離間で付き合える。一方で頑固で主張が強いところがある
・小柄で飼育しやすい

やっぱりタイプだなあ。。。

コロは13歳で生涯を閉じましたが、その後偶然仔猫を拾って、4匹の猫を育てることになりました。猫にどう接していいかもよくわからなかったので、犬を飼ってたときのノウハウを駆使していたら(?)、皆すっかり犬のように育ち、お客さんが来ると喜んでお腹を見せたり、すりすり近づくような子になりました。

https://www.facebook.com/mutsumi.amemiya


雨宮睦美

マーケティングプランナー、モデレーター(インタビュアー)。 東京都出身。 1988年青山学院大学文学部卒業後、博報堂に入社しました。 国際業務局(4年間)、マーケティング局(8年間)の勤務を経て2000年に退職。 2001年に有限会社オルテンシアを設立し、前職の流れでマーケティング業務を請け負ってきました。食品、飲料、化粧品、自動車、通信機器等、様々なジャンルの企業のお仕事に携わっています。中でもインタビュー調査を得意とし、企業トップや大学教授、ジャーナリストや編集者等の有識者取材を始め、一般消費者へのグループインタビューやデプスインタビューなどで、これまでに話を聞いた人の数は、のべ数千人を超えます。


- Related Posts -


bbネイル?

2023.07.13
雨宮睦美

不注意な魔女

2023.03.05
雨宮睦美

Nitroと呼ばれた女

2023.04.03
雨宮睦美

- New Posts -